spacer
TOP > Works > Triangle House
Triangle House top Triangle House Title

三角形の敷地に現れたボクシーなプライベート空間

神奈川県の藤沢市に計画されたこの住宅は、三角形の敷地であり、回りが道路に囲まれてプライバシーの確保が難しい敷地である。そこに、壁とルーバーで囲われたボクシーなデザインを施すことにより、外からは見えないが、内部空間はプライバシーに守られた静かで明るい空間となるよう計画した。

三角形の敷地は南に行くほど狭く、北側には幅の広い形となっており、建て売りやハウスメーカーなどの住宅では対応できない場所であるゆえに、この「三角形」であることをデメリットとはせずに、設計の工夫をすることでメリットとして活かすことがこの住宅の大きな課題となった。

また、道路に囲まれた敷地であることから、プライバシーの確保についても重要なポイントであった。これを解決するために、プランの上ではコートヤード型をとり、中庭から採光をすることによって、部屋の奥まで光が届くように工夫をすると同時に、プライバシーを確保するために、斜めの角度で据え付けられた木製のルーバーとすることによって、水平方向からは視線を遮りつつも、中から上を見上げれば空からの光が入ってくるような工夫が施されている。
Triangle House concept01

Triangle House concept02 南側の二階、つまり三角形の先頭部分もルーバーで囲われたテラスとなっており、洗面室と組み合わされて、ここでも明るさとプライバシーを重視したデザインをとり、風通しと日照を取り入れつつ、洗濯物を干したりできるようになっている。

内部空間は中庭に面した吹き抜けを中心に構成されており、家全体の隅々まで視線が行き届くような、オープンな作りとなっている。

Triangle House Triangle House

外観の印象はボクシーで閉じた印象になっているが、中にはいるとこの印象は一変する。内部は明るく開放的であり、同時にプライバシーが保たれるような工夫がされている。 Triangle House Feedback

名称:Triangle House
所在地:神奈川県藤沢市
主要用途:専用住宅
構造・規模:木造2階建て
延床面積:120.83m2
竣工年月:2011年10月
設計:田島則行+テレデザイン





Triangle House Data

low-banner