spacer
TOP > Works > 桜並木の家
桜並木の家top 桜並木の家title

閑静な住宅街の桜並木を望む住宅

敷地は東京都世田谷区の閑静な住宅街の一角にある。
前面にはちょうど敷地から正対した位置に桜並木が続き、その並木道の景観を最大限取り込みつつ、自然素材の良さと空間の広がりを重視した計画となっている。

敷地自体は間口が狭く奥行きが深いタイプの形となっており、建物の前後左右の環境は密集しており、特に条件が良いわけではないが、幸運にも、敷地の正面には、桜並木が連なっている。春には満開の花を咲かせ、夏から秋には緑豊かな景観をもたらし、冬には情緒ある木々の景観がたのしめる四季の楽しみに満ちた並木である。


この景観をどのように取り込むかを重視して設計を進めた。
桜並木の家concept1

桜並木の家concept2 特に2階のリビングダイニングキッチンからは、正面の窓から広いタイル張りのテラスが続き、そしてその先にあたかもそのまま並木に接続して行くような、そういった空間構成となっている。


内装においては、天井の仕上げ材に桐のムクの羽目板を使用し、呼吸する素材の良さを生かしつつ、1階にはシャッター付きの2 台分の駐車場や、本格的な茶室が配され、3階は寝室や洗面室が配置されている。

桜並木の家contents1 桜並木の家contents2

南側が側面方向になるために、日照を確保しつつ西側の桜並木への景観を重視した計画となっている。

素材感に満ちた内装は、心のゆとりや情緒ある心風景をつくりだしてくれている。
桜並木の家feedback

名称:桜並木の家
所在地:東京都世田谷区
主要用途:専用住宅
構造・規模:木造・地上3階
延床面積:141.44m2
竣工年月:2011年11月

設計:田島則行+テレデザイン

data

low-banner