spacer
TOP > Works > L-court House


中庭を中心につながるサーキュレーション

千葉駅から、千葉都市モノレールに乗って20分ほど行った住宅地にある、夫婦と子供2人のための住宅である。

以前よりこの敷地に住んでいたクライアントの家は、四周に大きな余白をとった敷地の真ん中に、典型的な木造2階建ての住宅が建っているというものだった。

広い敷地を活かす為、初期段階から中庭型の建物配置が検討され、ボリュームスタディを重ねるうちに、L型を回転させながら積み上げたような空間構成が生まれた。
建物ボリュームとしてのL型と、目隠しフェンスの面としてのL型が、太陽光の入り方、外からの視線、中にいるときの開放感等に注意を払いながら、中庭を中心に回転するように積み上げられている。

建物の対角する位置に、内部階段と外部階段を設けることで、外部を取り込みながら中庭を中心に循環する動線が生まれ、人の動きも、建物と同様回転しながら内と外、上と下を行き来できるような空間になっている。
ボイドとしての外部と内部空間、それぞれのサーキュレーションが、中庭を結節空間として包み込む。




外観は、シンプルな形状に、金属と木の素材の対比のみが語る抽象的な構成をとっているが、その内側は、中庭を中心に外部と内部が複雑に関わり合い、実際の床面積を大きくこえる広がりを感じる空間になっている。
床を堀込んだテーブルがあるリビングにいると、中庭が一体の空間として感じられ、建物を囲む木のフェンスで切り取られた空と、フェンスを抜けてくる風が、ついつい時を忘れさせてしまうような、静かな時間が流れる家である。

名称:L-court House
所在地:千葉県千葉市若葉区
主要用途:専用住宅
構造・規模:木造・地上2階
建築面積:84.75m2
延床面積:113.35m2
竣工年月:2009年9月
設計:田島則行+神津好英+テレデザイン


photo© 野秋達也

「最高の建築家20人ーエコ住宅」に L-Court House が紹介されています

saiko-kenchikuka.jpg 7月末に出版された書籍「最高の建築家20人ーエコ住宅」に L-Court House が紹介されています。
>>L-Court House

続きを読む "「最高の建築家20人ーエコ住宅」に L-Court House が紹介されています" »

WEBサイト「ザ・ハウスで建てた家」にL-court House が紹介されました。

WEBサイト「ザ・ハウスで建てた家」にL-court House が紹介されました。

>>ザ・ハウスで建てた家
>>L-court House

low-banner