spacer
TOP > Works > Gビル神宮前02


表参道の裏道にある商業施設




表参道の裏道に立つ商業施設。質の高い商業テナントの「器」として機能させるために、ファサードの透過性および空間のプロポーションに配慮した計画となっている。「スケルトン渡し」という条件において、商業施設としてのどのように設計するかがポイントとなり、その見えない「質」を「空間」として設計することが大きな課題であった。

表参道ヒルズから少し表参道交差点よりの裏手、住宅街と商業街のその間に位置する商業施設である。

地上2階地下1階の構成となっており、どのフロアにも直接アプローチできるような動線計画になっている。
壁一枚を隔てた裏側が住宅地であるために、表情は方向性をもって構成され、南東側に開くように作られている。商業の用途として地上部分は2階までと決められているために、実は地階の空間は敷地境界までできる限り広げて面積を稼いでいる。
一方、地上部分は後背地の住宅街への距離感を作り出す通路上の設備メンテナンススペースを西側に設け、同時にこの部分が地下へと光を導くガラスブロックのトップライトとなっている。

今回、プロジェクトでもっとも気をつかったのは、空間のプロポーションである。
どのようなテナントがどのように使うのか、想像はできても、実際にはそれはテナントの手に委ねられている。したがって、質の高いテナントを誘致するためにも、他の商業施設にはない、空間的なプロポーションを重視したデザインを施した。各階天井高を3.7m確保し、間口約8m、奥行き約15mの空間は美しいプロポーションであり、様々な用途の商業テナントのニーズに対応できるようになっている。

南側のファサードは、写真ではわかりにくいが、大ガラスによるサッシレスのDPGによって構成され、内部空間が大きく外に露出するように考えられている。建物のデザインはむしろ慎ましくシンプルに納められており、長くにわたって飽きのこないスタンダードなつくりとなっている。

指名コンペを勝ち取ることによって始まったこのプロジェクトは、設計を実施まで進めたところで、条件が変わることによって大幅な設計変更を行ったものである。
地価や建設費が急激に高騰するなかで進められたこともあって、結果的には、デザインを大幅にシンプリファイするこの設計変更が幸いして、プロジェクトを無事に最後まで導くことができた。
しかしながら、空間的なプロポーションや奥行き、その質感は当初のデザインを継承したものであり、この見えない「質」によって、長くにわたってこの空間が他の周りの商業空間とは一線を画したものであり続けるだろう。


名称:Gビル神宮前02
所在地:東京都渋谷区
主要用途:店舗
構造・規模:鉄骨造 地上2階地下1階
建築面積: 149.81m2
延床面積:471.27m2
竣工年月:2008年 4月竣工
建築設計:田島則行+テレデザイン
プロジェクトマネージャー・構造設計・設備設計・ファサードコンサルタント:Arup Japan




photo© 野秋達也

low-banner