spacer
TOP > Works > 中国プロジェクト


中国・瀋陽方城旅遊文化区再開発プロジェクト
中国遼寧省の省都、瀋陽市からの依頼で、テレデザインがマスタープランを計画した再開発プロジェクト。
世界遺産である故宮に隣接する市の中心部「方城旅遊文化区」を、文化と情報の町に造りかえるというもの。

歴史文化と環境という軸の中で、他の都市に類を見ないユニークな都市基盤を計画し、その上に世界の企業とノウハウを招いた情報都市センターを創出することを提案した。

敷地は瀋陽市の歴史的な都心の一等地であり、故宮その他の歴史的建造物が集中している地区である。
それらの歴史的アンカーを尊重しつつ、文化と商業が融合した瀋陽の新しいシンボルとなるように、マスタープランを計画・提案した。

コンセプト
故宮からの景観を重視した低層型の都市開発としつつ、地下空間を有効利用し容積を最大化した商業エリアを開発地区の中心に配している。
明朝時代に存在した南北の都市軸を、2つの重要な歴史的建物を結ぶ都市軸として再生し、エリア全体の配置計画の要としている。
また新たに求心力のある施設として、歴史的建物をリノベーションした学術交流センター、都市軸に隣接する音楽ホールを新設し、文化的な求心力を高める提案としている。



かつては"奉天"と呼ばれたこの瀋陽は、満州時代の日本ともゆかりが深い。
急激に発展するこの中国東北の大都市が、今後どのように変わっていくかは興味深い。