spacer
TOP > Works > Parallax OS


光と影を演出するフィーチャーウォール

表参道の裏通りに立つテナントビルの第1期計画案。
一流ブランドのショップがせめぎあい、常に新しいデザインを発信する街の中で、建築としての存在感をテーマにデザインしたプロジェクト。

敷地は表参道の裏通り面し、表参道とはまた違うスケール感を持った場所であり、商業エリアから住宅エリアへ移る境界でもある。 そうしたエリアの中で質の高い空間・人を惹き込むような存在感を持った建築として、光と空間の戯れが見え隠れするデザインとしている。

商業施設、物販施設として使いやすく、オープンな内部空間をしつらえつつ、外観では移動するにつれて多様に変化する「フィーチャーウォール」と、奥まで見通せる透明度の高いファサードで構成。 デザインと構造・ファサードエンジニアリングをハイレベルで融合させることにより、高い耐震性も確保しながら、光と影を演出するファサードを実現している。


名称: Parallax OS
所在地:東京都渋谷区
構造:RC造一部鉄骨造 地上2階地下1階
建築設計:田島則行+テレデザイン
プロジェクトマネジャー・構造設計・設備設計・ファサードコンサルタント:Arup Japan

low-banner