spacer
TOP > Works > White Blank



外に対して閉じていながら、開放的で光に満ちた住空間


田園調布からほど近い、南側が道路に面した、フラットな整形敷地。一般的な住宅を建てるには理想的なこの場所において、施主から与えられた要望は、しかし、

「窓のない、閉じた箱のような家に住みたい。」

仕事の関係上、帰りが遅くなることもしばしばで、帰ってからはとにかく外の視線を気にせずリラックスしたいという要望と、生活感を排し、洗練された、質の高い空間での 生活を希望されるご夫婦の考える住宅像を端的に表す一言。
南側に採光のための窓がひとつもない、閉じられた箱のなかにおいて、いかに光と開放感を得るか。そこを出発点として、設計が進められた。


法規制限に対し、最大までボリュームを確保した箱の中に、中庭、テラス、トップライトのある階段室という、3つの光の筒となる縦の抜けを差し込んでいる。
2階のテラス床はガラス素材とすることで、その下のガレージにも光が降り注ぐようになっている。また、テラスに接する和室の床を吊り構造とし、薄い床が浮いているようにつくることで、 1階と2階の間に空間的なつながりが生まれ、光の筒とも絡み合って、外に対して閉じていながら、家全体を通して明るく、開放感のある空間ができあがった。
しかし、このような空間的操作を繰り返した結果、四周の壁に床がつながらない、従って構造的に水平方向の剛性がとれないという、困難な課題にぶつかった。
数々の検討、構造家とのやりとりの中から出てきた解決法は、1階から3階まで、蛇行しながら住宅を縦に貫く大きな壁として現れた。
一体的な空間の中にあって、大きな存在感を持つこの壁を、我々は大黒柱ならぬ、「大黒壁」と呼ぶことにした。
この大黒壁は、2階においてキッチンとリビングを緩やかに分け、空間的な拠り所にもなり、またデザイン的なアクセントとしても機能している。


生活感の表出がまったく感じられない、閉じられた箱という印象を持つこの家であるが、中に入ってみると、トップライトや中庭から入ってくる光が、 白でまとめられた空間の中で部屋の隅々まで充満し、外観の印象からは想像できないほど明るい。
抽象度が高く、シンプルでありながら、複雑な構成をもつ空間は、身の回りのものひとつに対しても、深いこだわりを持ち、質の高さを求める施主の ライフスタイルを包む箱として、相応しいものとなったと感じている。

名称:White Blank
所在地:東京都世田谷区
主要用途:専用住宅
構造・規模:鉄骨造 地上3階
建築面積: 68.54m2
延床面積:191.72m2
竣工年月:2006年 4月竣工
設計者:田島則行+神津好英+テレデザイン
構造設計:木内達夫





photo© 野秋達也

WHITE BLANKが「All About」に掲載

生活総合情報サイト「All About 」に連載されている[オール電化の住まい]で田島が設計した WHITE BLANKの紹介が、クライアントのインタビューを交え掲載されています。
>>All About 連載:オール電化の住まい


また「オール電化住宅」コーナーにも紹介されています。
>>窓がない!?光の筒で採光する電化住宅

low-banner