spacer
TOP > Works > Sliding House


難易度が高かったり、特徴のある敷地には、ついつい発想が広がってしまう。この敷地も、やはりそうだった。
6m以上の擁壁を敷地内に持ち、北向きの斜面。北向きの風景を生かしつつも南からの採光を確保すること。そして敷地の特徴、つまり段差をどれだけ設計のアイデアとして取り込めるかが、ポイントだった。

当初は、建物そのものが斜面・擁壁を上るような案も検討したが、どうしてもコストが過大にかかってしまう。そこで作戦を変更し、建物自体をむしろ第2の擁壁として立ちはだかるようにしつつ、接地面積を最小限に抑える。そして上っていく擁壁をトレースするかのように、建物も西から東へと高くなり、最後は擁壁の上を越える階段状のテラスで敷地の頂点へとつながっている。内部空間は、道路からアプローチ、内部空間・擁壁上まで変化する景色とともに様々なシーンを生み出しながら流れるように上昇していく。この動きは敷地の6mもの段差を緩やかに繋ぐだけでなく、敷地の平面的な面積以上の広さと解放感を与えてくれる。


最上部のテラスからの眺めはよく、特に晴れた日に敷地最上部から臨める富士山までも見通せる。風景の中に住むことの雄大さを感じさせてくれる住宅となった。日本ではなかなか難しいことだが、こんな斜面では、実はそれが可能になる。
難しい敷地では、それを乗り越えたときにやはり得難いものが待っている。

名称:Sliding House
所在地:神奈川県鎌倉市
主要用途:専用住戸
構造・規模:在来木造  地上2階
建築面積:56.07m2
延床面積:94.30m2
竣工年月:2006年7月

設計者:田島則行+テレデザイン
担当:伊澤杉人
構造担当:佐々木仁


photo© 野秋 達也

「住まいの和モダン」にSliding Houseが紹介されました。

kodawari-c.jpg
5月末に出版された書籍「住まいの和モダン」に Sliding House が紹介されています。

>>Sliding House

続きを読む "「住まいの和モダン」にSliding Houseが紹介されました。" »

「My HOME +」VOL.16にSliding Houseが掲載

200904myhome00.jpg
雑誌「My HOME +」vol.16「ずっと快適に暮らせる間取り」にSliding Houseが掲載されています。

「建築家の考えるロングライフキッチン」にて、「ロングライフの条件3:スケルトンを生かして自由に」として紹介されています。(P094〜097)

続きを読む "「My HOME +」VOL.16にSliding Houseが掲載" »

「最高の建築家25人」にSliding Houseが掲載

0802shinkentiku00.jpg 書籍「住まい手がホンネですすめる 最高の建築家25人」に Sliding Houseが掲載されています。

第2章「狭小・変形敷地に建つ自慢の家」にて「高低差6mの悪条件をメリットにした家」として紹介されています。(P60-65)




書籍の詳しい内容についてはこちら>>

続きを読む "「最高の建築家25人」にSliding Houseが掲載" »

「NewHouse」5月号にSliding Houe掲載

200705newhouse00.jpg雑誌「NewHouse」5月号に田島がデザインしたSliding Houseが掲載されています。

続きを読む "「NewHouse」5月号にSliding Houe掲載" »

渡辺篤史の建てもの探訪にSliding Houseが登場

3/18(日)「渡辺篤史の建もの探訪」でSliding Houseが放映されました。
ホームページでも様子が紹介されています。

>>渡辺篤史の建てもの探訪
>>Sliding House

Sliding House

The houseのホームページでSliding Houseのクライアントのインタビューが掲載されています。
実際に建てたクライアントの生の声が聞けるのは、なかなかなありませんので、ご覧ください。
「ザ・ハウスで建てた家」というコーナーに収録されています。

>>the house

「住宅特集」06年11月号にSliding Houseが掲載

200611JT00.jpg雑誌「新建築 住宅特集」2006年11月に田島が設計したSliding Houseが掲載されています。

続きを読む "「住宅特集」06年11月号にSliding Houseが掲載" »

low-banner